プロフィール

北澤孝太郎(きたざわ こうたろう)

東京工業大学大学院 特任教授(MBAクラス営業戦略・組織担当※)

レジェンダ・コーポレーション株式会社 取締役

北澤孝太郎

北澤孝太郎

(十代目北澤萬右会門)

1962年京都市生まれ
1985年神戸大学経営学部卒業後、株式会社リクルート入社。20年に渡り、通信、採用・教育、大学やスクール広報などの分野で常に営業の最前線で活躍。採用・教育事業の大手営業責任者、大学やスクール広報事業の中部関西地区責任者を担当後、2005年日本テレコム(現ソフトバンク)に転身。執行役員法人営業本部長、音声事業本部長などを歴任。その後、モバイルコンビニ株式会社社長、丸善株式会社執行役員、フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社 VPなどを経て、現在に至る。

営業幹部(役員や部長)や営業リーダーの教育の第一人者であり、営業イノベーションなどの分野でも、研修やコンサル、パーソナルコーチなどに多くの実績を持つ。特に優れた営業戦略・戦術を導く「北澤モデル」は多くの企業で活用されている。

著者にベストセラーになった「 営業部はバカなのか  」(新潮新書)、MBAクラスや多くの企業研修の教科書「営業リーダーのための教科書~営業戦略・戦術から人間力構築まで~ 」(東洋経済新報社)、人材教育のオリジナル参考書「 人材が育つ営業現場の共通点」(PHP研究所)、営業力が必要な全てのビジネスパーソンのトレーニング書「 営業力 100本ノック 」(日本経済新聞出版社)只今絶賛売出し中 がある。

中学・高校時代は、男子校で野球に没頭。中学では、レギュラーとして京都府下大会優勝の経験あり。大学時代は、好きな女性に振られた経験から体育会空手道部で4年間を過ごした。あの人材輩出の激しかったリクルート社で同期最年少の課長・部長となったが、左遷をきっかけに、キャリアカウンセラーの資格を取得。コミュニケーションやコーチングなどにも興味を持つようになった。その過程で、愛娘を6年間、保育園へ「送り」をしたり、百名山に何峰も一緒に登った家庭的な側面も持つ。

※ 営業の授業は、大学・大学院で日本初、現在も唯一である